皆さんは本格的に茶道を
習う前に
簡単に体験したいと
いう気持 ちになったことは
ありませんか?

つなぐでは、そんな貴方のご希望に添えるように、イージー茶道(テーブル茶道)というメニューをご用意しています。イージー茶道(テーブル茶道)では、和菓子や抹茶の正しい頂き方、基本的な所作、キレイにみえるお辞儀等、和のマナーを学べます。初めての方でも分かりやすいように、かつギュッと凝縮して45分で体験することができます。これを機に茶道を体験してみたい方や、元々茶道に興味があったけど機会に恵まれなかった方などは是非とも参加してみてください。

皆さんは本格的に茶道を習う前に簡単に体験したいという気持ちになったことはありませんか?皆さんは本格的に茶道を習う前に簡単に体験したいという気持ちになったことはありませんか?
じゅん散歩で紹介されました

じゅん散歩で
紹介されました

じゅん散歩で紹介されました

【2022年6月】放映の「じゅん散歩」で紹介されました。
高田純次さんもイージー茶道をご体験、
とっても楽しんで頂きました。
イージー茶道体験 2700円(税込み)
利用人数:1回15名様まで

イージー茶道
(テーブル茶道)の
class="sp">流れ

①茶道とは?②お辞儀の基本マナーを学びます③お客さまの作法を学び、和菓子と抹茶の頂き方を練習します④ご自身でもテーブル茶道を体験してみましょう⑤まとめ、今日の練習を通じて茶道の基本の考え方を知ることができました⑥ご希望の方は終了後、カフェでお寛ぎ頂けます①茶道とは?②お辞儀の基本マナーを学びます③お客さまの作法を学び、和菓子と抹茶の頂き方を練習します④ご自身でもテーブル茶道を体験してみましょう⑤まとめ、今日の練習を通じて茶道の基本の考え方を知ることができました⑥ご希望の方は終了後、カフェでお寛ぎ頂けます
<45分後、貴方が手に入れられるもの><45分後、貴方が手に入れられるもの>

【45分2,700円】茶道の世界をご体験頂けます。

45分後、貴方が手に
入れられるもの

  • ・お辞儀、和の基本動作のコツ
  • ・抹茶と和菓子の召し上がり方
  • ・「茶道」はどんなことをするのか、その意味とは?を理解できる
  • ・非日常の世界を味わって落ち着いた時間の中で自分をリセット
  • ・茶道をすることの具体的なイメージを得られる

お問い合わせ・ご予約

体験された方の声

  • 体験された方の声

    大大大満足でとても良い経験になりました。受講したことにより、マナーの知織と心に余欲が持てそうです…☆また、ひとつひとつの丁寧さと日本のおもてなしの心や文化を感じられました。奥深く、また体験したいと思いました。素敵な時間をありがとうございました!

  • 体験された方の声

    せっかちな性格なのですが、体験して少し落ちついてもの事が出来そうな気がしました。また、こんなに素敵な場所を知れてラッキーだと思いました。自分でもっと日本の事を知って、子ども達にもどんどん伝えたいです♡ありがとうございました!

抹茶の効能について

抹茶は世界でもスーパーフードとして注目をあびています。
その成分は大きく分けて3つです。

  • カテキン

    01

    • ・健康効果
    • ・突然変異抑制効果
      (生活習慣病、がん予防)
    • ・抗酸化作用
      (風邪予防、インフルエンザウィルスの感染抑止)
    • ・脂肪の分解と消費(内臓脂肪の減少)
    • ・消臭作用
    • ・高血圧予防
    • ・虫歯予防
  • アミノ酸(テアニン)

    02

    • ・リラックス効果、ストレス緩和
      リラックス時には脳のα波が出ることがわかっています。テアニンを摂ると、このα波の出現が増えます。
    • ・血圧上昇の抑制
  • カフェイン

    03

    • ・興奮作用
      若い芽に多く含まれ、成熟した芽では少なくなるので、若い芽を摘んでつくられる抹茶や玉露は、カフェイン率が高いです。良く知られている様に眠気を覚ましたり疲れをとる効果があります。

お茶は3つの成分が相乗的な効果によって高められているとされています。例えば、カテキン類には肥満を予防する作用があるといわれていますが、カフェインの存在によりその効果が高められていると考えられています。また、興奮作用のあるカフェインとその興奮を和らげるテアニンを併せ持っていますので、リラックスしつつ元気を出したい時には最高の飲み物です。
この3つの成分が抹茶がスーパーフードとよばれる所以です。昔からお茶人は長寿が長いことは歴史が証明しています。近年の研究結果でも、最初の段階ではがんや循環器疾患にかかっていなかった40~69歳の男女約9万人(秋田県から沖縄県まで幅広い地域の住民)を、約19年間にわたって追跡、その結果、緑茶を1日1杯未満飲む人を基準にして比較すると、緑茶を飲む量が多くなるほど、死亡率が下がることが明らかになったそう。(国立がん研究センターより)とはいえ緑茶に含まれる様々な成分は、湯で出しても20~30%しか溶けださず、あとは茶殻に残ります。お茶の成分を残さずとるには、お茶の葉をそのまま食べるほかなく、抹茶はまさにこれに当たります。

抹茶の効能について抹茶の効能について